もしこの病に罹ったら〜こんな医療があなたを助ける〜

胎動は赤ちゃんのメッセージでもあり決して無視できない大切なものです。

もしこの病に罹ったら〜こんな医療があなたを助ける〜

妊娠期間中に気をつけること

妊娠を知った時、皆さんはどんな気持ちになったでしょうか。
きっと表現できないような喜びに包まれたことでしょう。
本当に新生児の誕生というのは喜ばしいことですね。
さてこの妊娠が分かった時には、ママになる準備を急いで始めなくてはいけません。
今まで経験したことのないようなことがこれから沢山起こるからです。
中でも本当に「ママになるんだ」という気持ちにさせてくれるのが「胎動」を経験した時でしょう。
皆さんは胎動というのがどういうものかお分かりでしょうか。
胎動とは胎内にいる赤ちゃんが動いて自分の存在をお母さんにアピールすることをいいます。
これはいつから始まるでしょうか。
もちろんこれには個人差があることをしっかり覚えておかなくてはいけませんね。
大体の場合、妊娠の20週付近で始まることが多いようです。
今までに出産を経験したことがある方だとこれはもう少し早くなることが分かっています。
でもなんでこんな個人差がでてくるのでしょうか。
胎動を考える上で重要になってくるのはお母さん自身のお腹の厚みや羊水の量です。
ですから赤ちゃんに同じように動いていてもお母さんが胎動として気づかないなんてこともあるのです。
超音波などで胎児の様子を見てみるとすぐに分かることですが、赤ちゃんは日々かなり活動的に動いています。
最初によくあるのは胎児が足でお母さんのおなかを蹴るという動作です。
妊娠末期までは継続してこうした強めの振動を感じることでしょう。
また赤ちゃんの繊細な動きにもお母さんはやがて気づくようになります。
例えば体全体を回転させたり、しゃっくりをしたり、呼吸をしているのを感じるお母さんもいるのです。
こうした動きは妊娠の前期と後期では全く異なります。
前半はまだ体もできていないですし、胎児も寝て過ごすことが本当に多くなります。
ですから最初は赤ちゃんの存在を感じなくても焦る必要は全くないということができるでしょう。
こうした胎動は何も無駄に行われるわけではありません。
赤ちゃんにとっては実際にお腹の外に出る前に体の色んな器官を鍛えることになりますし、お母さんからしたら赤ちゃんの色んな様子を実際に観察し、色んな変化に気づくことができます。
ですからこの胎動はある時には積極的にその赤ちゃんからのメッセージに注意を払ってみてください。
さらに何かの異変があるときには念のため早い段階で医療施設にいって色んな診察をうけることを心からおススメします。
ぜひみなさんがこの時間を有意義に用いられますように。

Copyright (C)2017もしこの病に罹ったら〜こんな医療があなたを助ける〜.All rights reserved.