もしこの病に罹ったら〜こんな医療があなたを助ける〜

がん細胞は正常な細胞とは全く異なる性質を幾つも持っています。

もしこの病に罹ったら〜こんな医療があなたを助ける〜

がん細胞に関して分かっていること

みなさんは「がん」ときくとどんなイメージを持っているでしょうか。
色々ある病気の中でも一番たちが悪くて恐ろしい病気というイメージかもしれませんね。
でも実はそんなイメージばかりが先行してもっと大事なことを抑えていないかもしれません。
例えば、それは「何が原因で起こるのか」とか「正しい対処法はあるのか」ということです。
今日はこの点でがんの根底にある「がん細胞」を少し一緒に考えてみましょう。
きっとだれでも関心のある話題だと思いますので最後まで読んでみてくださいね。
まず最初にこのがん細胞というのはどういう過程で生まれてくるのでしょうか。
実はこれには色んな仮説が存在しており、人によって状況も異なるということができます。
例えばその過程の一つはこうです。
私たちの遺伝子というのはDNAを形成していますね。
そこには興味深いことに「原型がん遺伝子」というものが存在しています。
そこに傷がつくと破損しがん細胞が生まれてくるという説です。
これによってガンが発生するのです。
こうしたことは今行われている様々な研究によって近い将来すぐに分かってくることでしょう。
少しここでこのがん細胞の特徴に関しても考えてみましょう。
皆さんはがん細胞の特徴といわれて何か思い出すことができますか。
まず、最初にがん細胞というのは無限に増えていくといわれています。
正常な細胞にがんのウィルスを与えるとがん細胞がそこにどんどん増えていき、腫瘍を作るといわれています。
さらにがん細胞には血清が必要ではありません。
これが非常に面倒なところでもあります。
つまり正常な細胞を増やそうと思うとこの血清が常に必要になってくるのですが、がん細胞はこの「材料」なしでどんどん勝手に増えていきます。
また正常な細胞との違いは他にもあります。
普通細胞どおしは接触するとその形成が止まります。
しかしがん細胞はまるで「層」を作っていくかのように増殖していくことが分かっています。
こういうことを知ると本当にがんとの闘いが厳しいものであることが分かるでしょう。
しかし今ではこうしたガン細胞を減らしたり、増殖を食い止めるi医療研究が進んでいます。
ですからがんとの闘いというのは決して不可能なものではないのです。
がんにかかる可能性は私たち誰にも存在します。
なにせその種類も非常に多いですからね。
しかしそんな時にはけっして気持ちで負けたりせず、色んな事を調べてみましょう。
きっとまだまだ私たちの知らない闘病に必要なことが沢山あるのです。

Copyright (C)2017もしこの病に罹ったら〜こんな医療があなたを助ける〜.All rights reserved.