もしこの病に罹ったら〜こんな医療があなたを助ける〜

ヘルプスは決して侮れない感染症です。他の人に移る可能性があるので注意しましょう。

もしこの病に罹ったら〜こんな医療があなたを助ける〜

私たちにも起こり得る感染症

現代人が抱える問題の中でも「口唇ヘルペス」というのは決して無視できないものです。
皆さんももしかしたらこの問題に悩まされているでしょうか。
この問題を抱えていると人前にでるのも恥ずかしくなりますし、かなり厄介な病気ですね。
でもこの原因や症状に関してどれほどのことをご存知でしょうか。
今日はせっかくの機会ですのでこうしたことを少し一緒に考えてみましょう。
口唇ヘルペスの始まりは口とか唇の周りに感じる「チクチク」もしくは「ピリピリ」とした感覚です。
しかしこの時点で鏡をみても外的な変化というのはなかなか発見できないでしょう。
そしてだんだんと皮膚が腫れて赤くなってきます。
そして腫れた部分には水ぶくれができるようになるのです。
この時に注意したいのは決してこの水ぶくれをつぶしてはいけないということです。
なぜでしょうか。
実はこの水ぶくれの中には大量のウィルスが含まれているので、水ぶくれをつぶすことで指にそれがつき他の人に感染させてしまう可能性があるからです。
かなり我慢強さが試されますが、こうしたことを我慢していれば数週間で完治すると言われています。
ではこの口唇ヘルペスの原因はいったい何なのでしょうか。
ずばり言ってそれは「ウィルス」です。
特にこの口唇ヘルペスのウィルスは症状が皮膚に現れるので、その皮膚に実際に存在していると考えられがちですが、実はもっと原因は深く神経細胞に感染しているのです。
先ほども挙げたようにこの口唇ヘルペスは人にうつす可能性もうつされる可能性もあります。
一番気をつけた方がいいのは水ぶくれがつぶれてしまうことです。
水ぶくれが沢山出てしまったときには極力外出をさけ、他の人に迷惑にならないようにしましょう。
また母子感染というのも実際に考えられます。
新生児の時はまだ親からの抗体を沢山持っているので感染や症状が実際に出てくることは少ないとされています。
でもこの時期には口内炎として感染が起きる可能性もありますので、親の皆さんはお子さんの口の中をよくチェックしてあげましょう。
ここまで色んなことが知られているので根本的な医療の解決はないのかと考える方もいらっしゃるかもしれません。
確かにそうですが、残念ながらこれは実際に感染した時にお医者さんに見せにいくぐらいしかできることはありません。
一番怖いのは違和感があるからといってどんどん感染している部分を触って他の人に移したり、症状が悪くなることです。
ぜひ慌てずに時間をかけて治していきましょう。

Copyright (C)2017もしこの病に罹ったら〜こんな医療があなたを助ける〜.All rights reserved.