もしこの病に罹ったら〜こんな医療があなたを助ける〜

切迫早産は母子ともにかなり危険にさらされることになりますので十分そのリスクと原因に精通しておきましょう。

もしこの病に罹ったら〜こんな医療があなたを助ける〜

切迫早産の危険に備える

子供が生まれるというのは本当に素晴らしいことですよね。
こうした命の誕生ということほど感動的なものはないということもできるかもしれません。
もしかしてこの出産というイベントを控えてわくわく、もしくはどきどきしているカップルの方も多いのではないでしょうか。
しかしこうした出産に関してはできる限りの準備や知識を持って臨みたいものです。
今の時代、非常に医療が発達したとはいえ、この出産の際には色々と問題が起きてしまう可能性がまだゼロではありません。
今日はその中でも「切迫早産」というものを少し一緒に考えてみましょう。
ぜひ今後のためにこうした情報を活用してくださいね。
まずは切迫早産という単語の意味を正しく理解しましょう。
これは簡単に言えば妊娠22週から37週未満で早産に「なりかけている」状態の事を表しています。
またはその早産の可能性が高いことを意味するのです。
ではなんでこんな切迫早産になってしまうのでしょうか。
これには実は色んな理由が考えられるのです。
まずは生殖器の細菌感染がその一つとして挙げられます。
細菌感染を起こすと炎症が生殖器に起きてこの早産を起こしてしまうと言われているからです。
具体的にもう少し説明すると生殖器で炎症が起きると子宮口を刺激し、出産を促す物質が分泌されるのだそうです。
ですから本人の意思とは関係なしに切迫早産になってしまうのです。
今はこうしたことを防ぐために炎症を抑える薬も開発、一部実際に使われていると言われています。
もしこうしたことに関して質問がある場合には一度お医者さんに色々聞いてみるといいでしょう。
また恐ろしいことに「遺伝的な要素」も拭い切ることができません。
例えば自分の親や親族の中に切迫早産を経験した家系の人は同じ問題を抱えやすいといわれています。
ですから一概に切迫早産の理由を語ることは難しいということですね。
ではどうやってこの切迫早産のリスクを少なくすることができるのでしょうか。
実際的な手術法として「マクド法」というものがあります。
これは子宮口を縛るという直接的な手術法です。
ですから子宮口がどんどん開いて早産するのを防ぐことができます。
つまりこの手術によって体内の赤ちゃんは成長するまで「時間稼ぎをする」というわけです。
この手術のメリットとしては非常に短時間で終わるということです。
また入院期間もそんなに長く必要なわけでもありません。
この切迫早産の対処法として大切なのはどうやってお母さんの体力を消耗しないかということでしょう。
ぜひ興味を持って調べてみてください。

Copyright (C)2017もしこの病に罹ったら〜こんな医療があなたを助ける〜.All rights reserved.