もしこの病に罹ったら〜こんな医療があなたを助ける〜

一般的に理解されずらいリウマチですがその病気の進行は本当に恐ろしいのです。

もしこの病に罹ったら〜こんな医療があなたを助ける〜

リウマチという病気の恐ろしさ

どんなに医療に疎い人でも「リウマチ」という言葉を聞いたことはあるでしょう。
この病気は今まで女性の病気とされてきましたが、最近では実は男性の患者さんも増えてきているのです。
実際に日本にいるリウマチ患者さんの20%は男性であるということも分かっています。
きっと皆さんの周りにもこうしたリウマチで苦しんでいる人はいらっしゃるでしょうし、いつ自分に身に降りかかってもおかしいことではないので今日は少しこの病気に関して一緒に調べてみましょう。
リウマチというのは病院などでは正確に「関節リウマチ」などといわれたりします。
つまり関節の病気なのです。
具体的には関節が炎症を起こした状態になってしまい、その機能は損なわれます。
病気の進行と共に軟骨や骨も破壊され、最終的には何もできなくなってしまうのです。
皆さんはこうした病気で関節が変形してしまった患者さんを見たことがありますか。
関節が変形するんですからそれは激しい痛みをもたらすそうです。
こうした関節系の病気って結構沢山存在するんですが、この病気の悪い所は関節を動かさなくても痛みが走るということです。
ですから安静にしていても意味はないんですね。
一般的に手首や手足の関節で起こりやすいといわれています。
またこれは最近の研究でわかったことなんですが、リウマチにかかると関節のみならず色んな弊害を体にもたらします。
例えば発熱や食欲不振、倦怠感などがそれに挙げられるでしょう。
ではこうした病気はどうやって治療していくのでしょか。
まずその患者さんの症状や進行状況によっても異なりますが、基本的には色んな薬を使うことによって症状の緩和を目指していきます。
実際に使われる薬は関節の痛みや腫れを抑えたり、関節の色んな箇所の破壊を防ぐために投与されます。
またリハビリも同時に行われるのが一般的です。
このリハビリを行うことによって関節の動きが鈍ってくるのを防ぐことができます。
さらに痛みとか筋肉が固くなってしまうのを防ぐ目的もあるのです。
実際に調べてみると本当に恐ろしい病気であることが分かりますね。
このようなリウマチ患者さんの大きな悩みは周りにあまり痛みや苦しみを理解してもらえないということのようです。
もしかすると仮病だとかただ単に怠けていると誤解されて苦しい気持ちになってしまうこともあるでしょう。
ぜひ私たちはこうしたリウマチに対する理解をしっかり深めて患者さんのサポートや理解に努めていきましょう。
それは将来的に自分にためにもなるのです。

Copyright (C)2016もしこの病に罹ったら〜こんな医療があなたを助ける〜.All rights reserved.